everything is made for a dream.

eimfad.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 08日

emotion

この春のクールのドラマに救命救急24時がある。唯一欠かさずに見ているドラマで、内容は都心に大規模な地震が起き、救命救急の視点を中心に様々な人間模様が描かれているドラマだ。このドラマには毎週泣かされている。今までみたドラマで最高クラスのドラマだ。
 このドラマの泣かされるとこは、様々な立場の人間が震災という状況の中で、医者が自らの家族、恋人、患者等の視点から選択する行動である。その行動に対して、多種の選択が存在し、多種の結果が存在する。震災というものの下では、様々な感情がうごめく。

なーんて、理屈でドラマを解釈しちゃってるけど、結局は涙でちゃうんだよねー。涙流すときに頭の中でそんな理屈考えないですもの。ある人に、「理屈よりも感情」と言われたことがある。それを理屈で考えると言われた真意は多種にとれるけど、その言葉に心を動かされた。大学院から物事を理屈のcodeで見るようにしてきたけれども、それもどうかなと思う。やっぱり人の感情を動かす、動かされるということが重要なのかと思う。だって時々感情を理屈で表現できないもの。

「俺はお前が好き」

なんで好きなんだろ?わからん。なんか好き。

ほらやっぱり無理だ。じゃあ君には僕の感情を動かす何かがあるんだろうね。ってなっちゃうね。
みんな、理屈で説明できない感情もってます?それってひょっとして非常にピュアな感情なのかもね。
[PR]

by eimfad | 2005-02-08 23:00 | 日記


<< まずは勝ち点3      趣味。 >>